遺留分放棄と相続放棄

相続に関する手続きの中に、手続名に「放棄」とつくものが2つあります。

遺留分放棄と相続放棄です。

今日は、2つの「放棄」の手続きについて書きます。

 

1、遺留分放棄

遺留分は、亡くなった人(被相続人)の相続財産の中で、兄弟姉妹以外の相続人が確保できる一定の割合のことです。

遺留分は、放棄することができます。

人の死亡により相続が開始する前に遺留分を放棄するためには、被相続人等からの強制を防ぐために、家庭裁判所の許可が必要となります。

相続開始前の遺留分放棄を請求するときは、被相続人の住所地の家庭裁判所に、①申立書、②被相続人の戸籍謄本、③放棄する人の戸籍謄本、等を提出します。

相続開始前の遺留分放棄が認められるためには、①放棄が真意であること、②放棄に合理的な理由があること、③放棄の必要性があること、④放棄に対する埋合せがあること、等が必要となります。

相続の開始後であれば、家庭裁判所の許可がなくても、自由に遺留分の放棄ができます。

相続人の中の誰かが遺留分を放棄しても、他の相続人の遺留分は変わりません。

遺留分を放棄しても、相続を放棄したことにはなりません。

 

2、相続放棄

相続放棄すると、その相続に関しては初めから相続人でなかったものとみなされ、被相続人のプラスの財産もマイナスの財産も引き継ぎません。

相続放棄は、相続が開始した後でなければすることができません。

相続開始前に相続放棄の意思を表す書面を作成しても、相続放棄の効力はありません。

相続放棄をしたいのであれば、自分が相続人となる相続が開始したことを知った時から3か月以内に、家庭裁判所に請求する必要があります。

相続放棄を請求するときは、被相続人の最後の住所地の家庭裁判所に、①申述書、②被相続人の死亡の記載のある戸籍謄本等、③被相続人の住民票の除票または戸籍の附票、④放棄する人の戸籍謄本、等を提出します。

相続放棄については、放棄が真意であることは必要ですが、放棄の合理的理由や必要性については考慮されません。

相続人の中の誰かが相続放棄をすると、他の相続人の相続分が変わる、相続人でなかった人が相続人となる等、他の相続人等に影響を及ぼすことがあります。

 

遺言・相続のことなど、お気軽にご相談ください。

当事務所のホームページはこちらです。たなか行政書士事務所

このページの先頭へ