国籍①

1、国籍の取得

国籍とは、人が特定の国に所属するための資格のことです。

日本の国籍については、国籍法で定められています。

子については、①生まれた時に父または母が日本国民である場合、②生まれる前に死亡した父が死亡の時に日本国民であった場合、③日本で生まれ、父母がともに不明である、または国籍がない場合に、日本国籍を取得します。

父または母が認知した子で20歳未満の者(日本国民であった者を除く)は、認知をした父または母が子が生まれた時に日本国民であった場合で、①その父または母が届出時に日本国民であるとき、②その父または母が死亡の時に日本国民であったときは、法務大臣に届け出ることによって、日本の国籍を取得することができます。

日本国籍の取得の届出は、日本に住んでいる場合はその住所地を管轄する法務局・地方法務局、外国に住んでいる場合はその国の日本大使館・領事館で行います。

日本国民でない者は、法務大臣の許可を得て、帰化することによって、日本の国籍を取得することができます。

日本国民でない者の帰化を許可する条件は、①引き続き5年以上日本に住んでいること、②20歳以上であり、本国法によっても成人であること、③素行が善良であること、④自己または生計を一にする配偶者その他の親族の資産または技能によって生計を営むことができること、⑤国籍を有しないか、または日本の国籍の取得によって、以前の国籍を失うこと、⑥日本国憲法施行の日以後、日本国憲法またはその下に成立した政府を暴力で破壊することを企て、主張し、そのような団体を結成し、加入したことがないこと、となります。

法務大臣は、帰化の許可を申請する者が以前の国籍を失うことができない場合でも、日本国民との親族関係または境遇について特別の事情があると認めるときは、帰化を許可することができます。

日本国民であった者の子、日本で生まれた者、日本国民の配偶者、日本国民の子、日本国民であった者等については、帰化の許可の条件が緩和される場合があります。

帰化の許可の申請は、申請者の住所地を管轄する法務局・地方法務局で行います。

 

遺言・相続のことなど、お気軽にご相談ください。

当事務所のホームページはこちらです。たなか行政書士事務所

このページの先頭へ